2008年12月17日

政界再編と党議拘束

改憲へ政界再編必要=自民・山崎氏
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081217-00000135-jij-pol

政界再編が叫ばれることが多くなってきたけれど私はあまり期待していない。これまでも幾度となく再編が行われては来たが大きく変わったことはない。政情が不安定になりより官僚色の強い政治が行われるようになったことぐらいか。
政界再編をしても現在のような強い党議拘束が続くなら結局は国会審議がないがしろにされるし、「数の暴力」という民主政治において意味不明の言葉が叫ばれる。
自民党は「いろんな意見があるからいいんです」とことあるごとに言ってはいるが、そのいろんな意見を国会論議の場になぜ出てこないのか? 自民党が下野したらその当りを考え直した方がいいと思う。
posted by 鴉鷺和仁 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。