2009年02月25日

なんという大本営発表記事

年金、2038年度以降「現役所得の5割」…厚労省が検証
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000011-yom-pol

現行方式での見通しらしいのですがちょっと考えてみればわかる意図的な数字の操作が入っていますね。
1980年ごろ少子化が2010年ごろには一段落するという根拠のない見通しを出した官僚の体質はまるで変わっていないようです。

役人はこうあってくれればいいという数字を作り出すのではなく客観的事実に基づく数字を積み上げていくべきなんです。そうでないと本当の将来は見えてこないでしょう。
posted by 鴉鷺和仁 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

規制緩和ノススメ

賛成派、反対派が激論=市販薬ネット販売禁止−有識者検討会が初会合・厚労省
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000039-jij-soci

こういう問題が出るつど思うんですが何で行政が禁止か否かを判断するかってことです。こういう許認可権限を振りかざすことが経済の流動性を妨げる一因にもなっています。
簡単に考えるならなんにも規制してはいけません。届出制にして基本だれでも販売可能。もし副作用など問題があった場合は販売者に責任を負わせるというもの。
どのぐらいの表示をしたらいいとかそういうものも販売者が決めてかまいません。わかりやすい表示をしてあるのに問題が起きた場合にもやはり基本は販売者の責任。こうしたらわかりやすいのにね。

小さな政府を目指しているはずの政権の方針にも合致していると思います。
もちろん消費者側にも応分の危機管理を求められることにはなるでしょう。しかし、自由とは「自分に由ること」という至言があります。

何かあってからでは遅いというのが日本人の国民性ですのでうまくいかないかもしれませんけどね。
posted by 鴉鷺和仁 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

テールランプが切れている

最近後部が凹んだまま走っている車を見かけるようになりました(※じつは私の使用車も一部凹んだまま)。海外で見かけるようなポンコツというレベルまではいってませんが、日本における車の地位がようやくステータスから実用へと変化してきたことの現れでしょうか。

同時に最近テールランプやヘッドライトなどが切れたまま走っている車を見かけるようになりました。これもやっぱり車のあり方が変わってきたことの現れかなと思ってましたが別の見方もあるようです。
最近セルフで入れる人が増えたから。
すこし前までセルフ給油は珍しくスタンドで窓から社内のゴミまで至れり尽くせりのサービスが当り前でした。そしてその中でランプの不具合などを見つけてくれていたんですね。

ボディの凹みと違ってこういった装備の不具合は整備不良で減点対象ですよ。身に覚えのある方は早速点検しましょう(笑)
posted by 鴉鷺和仁 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

用法容量をよく守ってお使いください

野党、問責提出も…「飲酒ならかばいきれない」公明幹部
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000066-yom-pol

このニュースを家人と見ていたときは家人ともども同情的に見ていた。激務だし時差ぼけもあるだろうしご苦労さんという感じ。

しかし聞いてみるとこれがはじめてではないという。風邪薬と釈明しているけれどあそこまで酷い状態になるのが風邪薬だけのせいかね?という気には確かになりますね。睡眠薬云々の声もありましね。
風邪薬の釈明にはその種類と量を付記する必要があるでしょう。そして肝心なのはなぜ短期に似た失態を繰り返したのか?

まあ問責決議を出すならこれだけの資料が揃ってからにしてあげてはと思いますが。


中川昭一財務相が辞意を表明
posted by 鴉鷺和仁 at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

風見鶏

「橋下さん東国原さん応援してね」自民が知事取り込み作戦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090215-00000009-yom-pol

どちらも一応政権与党支持ですね。

とはいえ今日のサンデープロジェクトで橋下知事が「地方行政は政権与党の力を借りないとなにもできないんです」というような発言をしていた。そして、これが麻生総理を支持する唯一(と思われる)の理由のようだ。つまり民主党が政権を取ったらどう言うかわかるかと思う。
posted by 鴉鷺和仁 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

自民党分裂か?

分裂して自民vs自民の構図にして劣勢の挽回を計るとか?
郵政選挙のときを思い起こせばありえない話ではないですね。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000616-san-pol
奇人の逆鱗に触れた?自民党内に衝撃走る

続きを読む
posted by 鴉鷺和仁 at 04:34| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月10日

強烈なリーダーシップ

大阪府、11年ぶり赤字脱却へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000092-jij-pol

 大阪府の橋下徹知事は10日、2009年度予算案で11年ぶりに赤字予算を脱却する見通しとなったことを明らかにした。急激な景気悪化で大幅な税収減が見込まれるが、就任1年目の08年度に厳しい財政再建を実行した結果、同年度末に300億円程度の余剰金が発生。10年間続いた財源不足が解消する見込みとなった。
 橋下知事は08年度、都道府県で最低水準となる大幅な職員給与引き下げや私学助成などの削減を行い、約1100億円の収支改善を果たした。
 09年度には、景気悪化の影響で府税収入が08年度に比べて約2500億円減少する見込みだが、300億円程度の剰余金を活用することで11年ぶりの赤字予算脱却を達成する見通しとなった。 

ことの進め方や手順はあんまり感心できないのですが、目的を持って強いリーダーシップを発揮すれば結果に現れたということでしょうね。重要なのは新たな財源とかを求めずにここまでの改革を行ったことです。

国の財政再建を謳うのに必ず消費税と言い出すのとは大違いですね。
posted by 鴉鷺和仁 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

チョコレイト・ディスコ



バレンタインソングっていうと、国生小百合の「バレンタインデーキッス」ぐらいしか思い浮かばなかったんですが、これからの本命になりそうな曲ですね。
もともとの発表経緯からはバレンタインを意識したものではなかった感じですが今のパフュームの知名度と存在位置から考えてこれからバレンタインソングの主力になりそうな曲です。
かわいらしい雰囲気がいかにもバレンタイン向けです。


Perfume - Chocolate Disco
posted by 鴉鷺和仁 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

構造改革を望ム

昨日ひょんなところで昔の同僚と遭遇。

彼の仕事の時間はまだ終わっていないはず・・・

「仕事はどう?」

と聞くと

「会社? 倒産した(−−)」

まあ、冗談だったんだけどね。それほど仕事がないということ。


今朝、通勤時間帯の道路を走らせているといつも20分かかる道程が10分足らずで目的地に到着。。。圧倒的に交通量が少ない。ほかの人に聞いてみてもここしばらくはこんな感じだという。
これも不況が原因でしょうか?

非正規労働者の失業が8万人とかの数字が出ていますが、片端から今回の騒動での実質的な失業者は100万人規模になるんじゃないかと危惧しています。

こんなことを日記に書いてみた。
でもその一方で最高業績となっている会社もいくつかある。
代表的なのがファーストリテーリング、マクドナルド、任天堂。任天堂は若干怪しいけれどいずれも内需関連ですね。実は先のバブル崩壊以降
少しずつ日本の産業構造は変わってきてるのではないかと思います。
それにブレーキをかけたのが労働者派遣法の改正。産業の空洞化が進むからと労働者を安く流動的に使う方法を編み出した。
空洞化という言葉を恐れすぎた結果が現状なのかもしれませんね。これを機に産業構造が抜本的に変わっていくことを期待しています。
posted by 鴉鷺和仁 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

総理の重み

 麻生太郎首相は5日の衆院予算委員会で、2007年の民営化に伴い4分社化された日本郵政グループの経営形態について、4社体制の見直しが必要との考えを示し、その後、発言を事実上取り消した。郵政民営化見直しをめぐる迷走に、野党ばかりか自民党内からも批判が出そうだ。
 首相は同日午後の衆院予算委で、4社体制の是非に関する民主党の筒井信隆氏の質問に対し「4つに分断した形が本当に効率としていいのか。もう一回見直すべき時にきているのではないか」と答弁。採算性やサービス向上の観点から見直しが必要との考えを示した。
 しかし、首相は同日夜、首相官邸で記者団に「(政府の)郵政民営化委員会の答えを受け取るのがわたしの立場だ。(見直し)内容について、わたしがこうしろああしろと言う立場にはない」と釈明、予算委での発言を修正した。 

総理は自分の立場をわかっていない。
民営化したとはいえ株式のほとんどを持っているのが国。その株主の長たる総理がこの問題に関してああだこうだ言う立場には十分あるのです。
以前、小泉総理が「国が若い人に子供を生んでくれと言うわけにはいかない」といったのと同じレベルで一国の代表としての自意識に欠ける発言といわざるを得ないと思います。

記事URL:
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090205-00000220-jij-pol
郵政4社体制で再び迷走
posted by 鴉鷺和仁 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。