2009年06月12日

これはパワハラです

鳩山総務相更迭 自らの正当性強調…「正しいこと通らぬ」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090612-00000018-maip-pol
 「今の政治は正しいことを言っても認められない」。日本郵政の社長人事を巡る混乱は12日、自説を曲げない鳩山邦夫総務相の更迭で収束した。国民の圧倒的支持を得たはずだった小泉改革の象徴「郵政民営化」。それが、次期衆院選を控えた時期に、麻生太郎首相の指導力に疑問符がつく結果につながった。小泉チルドレンからは、更迭を歓迎する声がある一方、総選挙を前に危機感をにじませる意見も出た。【篠原成行、田村彰子】
自らのことを何があっても正しいと言えるのは政治家の資質なのかもしれません。ただ正しいことを主張するのならもっとやりかたがあるはずです。今回の件が明らかに不正であるのなら西川社長の責任を追及して起訴まで考えて法的に行えばいいこと。
このあたりがグレーのまま、政府に人事権があるからといって民間企業の社長の退任を求めていいものではありません。ここまで強く言うのなら確たる証拠が必要でしょう。

それでもって自分の意見が通らないからと辞任する。
子供の喧嘩みたいに見えてきました。
posted by 鴉鷺和仁 at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。