2009年10月24日

これが日本の民主政治

外相「天皇お言葉」発言、政治利用との批判も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091023-00001066-yom-pol
 岡田外相が23日の閣僚懇談会で、国会の開会式での天皇陛下のお言葉について「ほぼ毎回同じ内容で閣議決定されている」と見直しを提起したことが波紋を呼んでいる。

 内閣の助言・承認事項のお言葉について、閣僚が見直しを求めたのは異例。与野党問わず「天皇の政治利用」につながると批判する声が出ている。

 岡田氏は同日夕の記者会見で、発言の真意について「(内閣が)無難に対応しようという官僚的発想で同じ表現が続いている。(国会の開会式で)いつも私は気になっていた」と説明し、「同じあいさつの繰り返しは陛下に申し訳ない」と強調した。

 これに対し、民主党の西岡武夫参院議院運営委員長は同日の記者会見で「お言葉を政治的にあれこれ言うのは極めて不適切だ」と批判。社民党の福島党首(消費者相)は記者団に「慎重に考えるべきだ。現状でいい」と述べ、自民党の大島幹事長も「行き過ぎた発言で、民主党のおごりを感じる」と語った。

 憲法の学説では、開会式での天皇のお言葉は、国事行為と私的行為の中間にある「公的行為」と位置づけられている。国会関係者の一人は「内閣の助言と承認は、天皇の政治利用を防ぐことが目的だ。そもそも公的行為で天皇の思いを伝える必要はない」と指摘している。
あちこちでたたかれていますけど、なんでそこまで批判されなきゃいけないんでしょうね? 発言に制約があることも岡田外相も言及している。その上で「いつもと違うお言葉がいただけてもいいんじゃないか」と切り出しただけの話。
「議論しよう」といったのに「そんなのはダメだ」「きわめて不適切だ」ってこれではどんな話し合いもできないでしょう。考えてみれば日本の国会やその周辺ではいつもこんな話ばっかりで。。

私自身はお言葉を変えなくても問題はないと思っているんですが、「そういうことを考えてもいいんじゃないか」という意見を頭ごなしに批判する人の神経はわかりません。
posted by 鴉鷺和仁 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

スーパーデフレの足音

税収40兆円割れへ=副大臣「国債増発で穴埋め」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091016-00000120-jij-pol
 国の2009年度の一般会計税収が想定の46.1兆円を大幅に下回り、40兆円を割り込む見通しとなった。野田佳彦財務副大臣が16日の会見で、「40兆円を下回る可能性がある」と認めた。景気低迷の影響で所得税や法人税が落ち込んでいるためで、40兆円を割れば1985年度(38.2兆円)以来ほぼ四半世紀ぶり。
 野田副大臣は、税収の減少を穴埋めするため「国債増発はやむを得ない」と表明した。これにより、09年度の国債発行額は麻生政権下で見込んだ44.1兆円を上回り、50兆円に達する可能性が出てきた。国債発行額が税収を上回る異例の事態となる。
 09年度税収は、昨秋以来の急激な景気悪化で低迷。7月と8月の法人税収は還付額が収納額を上回り、4〜8月累計で1兆2815億円の還付超過。所得税も残業代の抑制などで前年同期比14.9%減の4兆7835億円にとどまっている。こうした状況を踏まえ、財務省は「今後の大幅な税収増は難しい」(幹部)とみている。
これが一般的な株式会社の話で赤字国債を借金とするのなら、たぶんこの会社は破綻している。
国債を社債と置き換えてみても誰がその社債を引き受けるんだろう?

現在国債を引き受けの主体は実は間接的(セカンダリ)ではあるけれど日銀。これでは国が紙幣を増刷しているのと変わらない。日本経済は
紙幣増刷制度ででデフレを押さえているだけで、このシステムが働かなくなるとスーパーデフレーションが起るのかも。

まああり得ない妄想ですがw

時事ドットコム:http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009101600784
posted by 鴉鷺和仁 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

当り前の判決ではあるけれど

「正当防衛の可能性」傷害罪に問われた被告無罪に
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091007-OYT1T00926.htm

アメリカの陪審員制度の対象になるのは被告が無罪を主張する場合だけ。この事件を見ているとその意味がよくわかります。こういう事件こそ「庶民の目線」が必要だと思います。
posted by 鴉鷺和仁 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月07日

La Vie En Rose~I Love Cinemas~

La Vie En Rose~I Love Cinemas~
手嶌葵
ラジオでこの曲を聴いて、衝動買いしてしまいました。


posted by 鴉鷺和仁 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

もう2度とないかも? 日本での五輪

2016夏季五輪招致
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t_gorin2016/article/1
記事へのコメントに下記のようなものがありました。
税金の無駄遣いやめてください!誘致活動費用だけでいくら使ってるんでしょうか。公表してください、税金なんですから。
国民?東京都民?の賛成率が上がっているなんて数字が以前出ていましたが、一体どんな調査方法してるんでしょうか。東京に暮らしていても、まったくオリンピックの話題になることも皆無だし、皆さん無関心です。ほんと石原の暴走を止めてください!
名古屋が立候補したときもこれと似たような理由での反対がかなりの率を占めています。
他所の国でやる五輪には感動するけれどそれを身近に感じることさえ嫌な人たちが多いようですね。
まず損得とか抜きにして世界で最高の舞台が自分の近くで来ることの是非から始められないのではこの国での五輪は二度と行われないと思います。

オリンピックが税金の無駄遣いと揶揄する意見が多いけれど、書いているみんなはそんなにたくさん税金を払っている意識があるんだろうか? もしそんな意識があるのなら他にももっとやることがあるだろうにと思うんですけどね。
posted by 鴉鷺和仁 at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奇妙な報道

補正予算の再審査でNHKのニュースである小学校の話が報道されていた。

「再審査をしている影響で理科実験の備品購入が決まらない」
そしてそれらが買えないと普段の授業に困るような感じでニュースにされていたけれど、これって補正予算の話なんだよな?と変な印象を受けた。
学校の備品購入のようなものは本予算で決めるべき話で補正予算を見込んで予算を決めているはずがない・・・ような気がする。
財政が厳しい折ならなおさらだし、今回の補正予算は主に景気対策(一部は雇用・セーフティネット関連)だったはずで、学校の備品購入がそれらに当るとは思えない。全然関係ないとは言わないけれどね。

公共事業関連を取り上げると反感を買うからもっとも同情を買いそうな、本来の補正予算の使い道とは関係ない例を出してきたんじゃないだろうかというのは穿った見方なんでしょうかね?
報道の本質というのを考えさせられる一例でした。
posted by 鴉鷺和仁 at 01:29| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

早速のいやがらせ

鳩山首相の母のビル、政治団体が格安使用
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091001-OYT1T00393.htm

引用するのもあほらしいので記事の内容はリンク踏んでください。

これが寄付に当るとすれば貸主からの寄付ということになります。ということはこれは「母親からの寄付」そう修正処理をしておしまいですね(笑)

政治資金課なんて無駄そうな部門があるのは今回初めて知りましたが、国会議員全員に対して同じような調査を行っているんでしょうかね?
posted by 鴉鷺和仁 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。