2009年10月08日

当り前の判決ではあるけれど

「正当防衛の可能性」傷害罪に問われた被告無罪に
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091007-OYT1T00926.htm

アメリカの陪審員制度の対象になるのは被告が無罪を主張する場合だけ。この事件を見ているとその意味がよくわかります。こういう事件こそ「庶民の目線」が必要だと思います。
posted by 鴉鷺和仁 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。