2009年10月16日

スーパーデフレの足音

税収40兆円割れへ=副大臣「国債増発で穴埋め」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091016-00000120-jij-pol
 国の2009年度の一般会計税収が想定の46.1兆円を大幅に下回り、40兆円を割り込む見通しとなった。野田佳彦財務副大臣が16日の会見で、「40兆円を下回る可能性がある」と認めた。景気低迷の影響で所得税や法人税が落ち込んでいるためで、40兆円を割れば1985年度(38.2兆円)以来ほぼ四半世紀ぶり。
 野田副大臣は、税収の減少を穴埋めするため「国債増発はやむを得ない」と表明した。これにより、09年度の国債発行額は麻生政権下で見込んだ44.1兆円を上回り、50兆円に達する可能性が出てきた。国債発行額が税収を上回る異例の事態となる。
 09年度税収は、昨秋以来の急激な景気悪化で低迷。7月と8月の法人税収は還付額が収納額を上回り、4〜8月累計で1兆2815億円の還付超過。所得税も残業代の抑制などで前年同期比14.9%減の4兆7835億円にとどまっている。こうした状況を踏まえ、財務省は「今後の大幅な税収増は難しい」(幹部)とみている。
これが一般的な株式会社の話で赤字国債を借金とするのなら、たぶんこの会社は破綻している。
国債を社債と置き換えてみても誰がその社債を引き受けるんだろう?

現在国債を引き受けの主体は実は間接的(セカンダリ)ではあるけれど日銀。これでは国が紙幣を増刷しているのと変わらない。日本経済は
紙幣増刷制度ででデフレを押さえているだけで、このシステムが働かなくなるとスーパーデフレーションが起るのかも。

まああり得ない妄想ですがw

時事ドットコム:http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009101600784
posted by 鴉鷺和仁 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。