2009年01月31日

行政指導

県内のパチンコ屋のメールにいっせいにこんなことが書かれていました。

この度、射幸心をあおると思われる行為について見直しをしました。

そもそも射幸心をあおらなければパチンコ屋さんって成立しないんですけど(;゚▽゚A``

どうやら当局からおたっしがあったようですね。射幸心についてはなぜか各自治体ごとに解釈が違うようで、ある県では認められていることがよそでは認められていません。
明文化してしまえば面倒はないんですけれど取り締まる側はどういうわけか曖昧な方が都合がよいようです。

行政指導にはこういった曖昧さが常につきまといます。はっきり明文化して違反をしたら罰っする。シンプルな運用を心がければ管理する側される側ともに負担が少なくなるはず。ようはいつまでも管理側が影響力を残したいというシステムなんですね。
posted by 鴉鷺和仁 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113478500

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。