2009年02月07日

構造改革を望ム

昨日ひょんなところで昔の同僚と遭遇。

彼の仕事の時間はまだ終わっていないはず・・・

「仕事はどう?」

と聞くと

「会社? 倒産した(−−)」

まあ、冗談だったんだけどね。それほど仕事がないということ。


今朝、通勤時間帯の道路を走らせているといつも20分かかる道程が10分足らずで目的地に到着。。。圧倒的に交通量が少ない。ほかの人に聞いてみてもここしばらくはこんな感じだという。
これも不況が原因でしょうか?

非正規労働者の失業が8万人とかの数字が出ていますが、片端から今回の騒動での実質的な失業者は100万人規模になるんじゃないかと危惧しています。

こんなことを日記に書いてみた。
でもその一方で最高業績となっている会社もいくつかある。
代表的なのがファーストリテーリング、マクドナルド、任天堂。任天堂は若干怪しいけれどいずれも内需関連ですね。実は先のバブル崩壊以降
少しずつ日本の産業構造は変わってきてるのではないかと思います。
それにブレーキをかけたのが労働者派遣法の改正。産業の空洞化が進むからと労働者を安く流動的に使う方法を編み出した。
空洞化という言葉を恐れすぎた結果が現状なのかもしれませんね。これを機に産業構造が抜本的に変わっていくことを期待しています。
posted by 鴉鷺和仁 at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/113848526

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。