2009年02月10日

強烈なリーダーシップ

大阪府、11年ぶり赤字脱却へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090210-00000092-jij-pol

 大阪府の橋下徹知事は10日、2009年度予算案で11年ぶりに赤字予算を脱却する見通しとなったことを明らかにした。急激な景気悪化で大幅な税収減が見込まれるが、就任1年目の08年度に厳しい財政再建を実行した結果、同年度末に300億円程度の余剰金が発生。10年間続いた財源不足が解消する見込みとなった。
 橋下知事は08年度、都道府県で最低水準となる大幅な職員給与引き下げや私学助成などの削減を行い、約1100億円の収支改善を果たした。
 09年度には、景気悪化の影響で府税収入が08年度に比べて約2500億円減少する見込みだが、300億円程度の剰余金を活用することで11年ぶりの赤字予算脱却を達成する見通しとなった。 

ことの進め方や手順はあんまり感心できないのですが、目的を持って強いリーダーシップを発揮すれば結果に現れたということでしょうね。重要なのは新たな財源とかを求めずにここまでの改革を行ったことです。

国の財政再建を謳うのに必ず消費税と言い出すのとは大違いですね。
posted by 鴉鷺和仁 at 21:44| Comment(0) | TrackBack(1) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114009905

この記事へのトラックバック

天下り・渡り 官僚問題の急所
Excerpt: 公務員の人事制度が揺れている。「天下り」(官庁から民間への再就職)を禁止するかどうか、天下りや「渡り」(民間から民間への再就職)の官庁による斡旋を禁止するかどうか、幹部人事を内閣府に集約するかどう..
Weblog: ecostock
Tracked: 2009-02-11 14:28
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。