2009年02月19日

テールランプが切れている

最近後部が凹んだまま走っている車を見かけるようになりました(※じつは私の使用車も一部凹んだまま)。海外で見かけるようなポンコツというレベルまではいってませんが、日本における車の地位がようやくステータスから実用へと変化してきたことの現れでしょうか。

同時に最近テールランプやヘッドライトなどが切れたまま走っている車を見かけるようになりました。これもやっぱり車のあり方が変わってきたことの現れかなと思ってましたが別の見方もあるようです。
最近セルフで入れる人が増えたから。
すこし前までセルフ給油は珍しくスタンドで窓から社内のゴミまで至れり尽くせりのサービスが当り前でした。そしてその中でランプの不具合などを見つけてくれていたんですね。

ボディの凹みと違ってこういった装備の不具合は整備不良で減点対象ですよ。身に覚えのある方は早速点検しましょう(笑)
posted by 鴉鷺和仁 at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114510334

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。