2009年02月25日

なんという大本営発表記事

年金、2038年度以降「現役所得の5割」…厚労省が検証
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090224-00000011-yom-pol

現行方式での見通しらしいのですがちょっと考えてみればわかる意図的な数字の操作が入っていますね。
1980年ごろ少子化が2010年ごろには一段落するという根拠のない見通しを出した官僚の体質はまるで変わっていないようです。

役人はこうあってくれればいいという数字を作り出すのではなく客観的事実に基づく数字を積み上げていくべきなんです。そうでないと本当の将来は見えてこないでしょう。
posted by 鴉鷺和仁 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114803441

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。