2009年04月14日

どんな説明なら満足なの?

「説明責任果たしていない」漢検を文科省が厳しく批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090413-00000669-yom-soci

説明責任というけれどそれはむしろ管理する側のほうが重い気がします。なぜいままでここまで巨額の儲けを放置したのか。そのもうけに対して税金をどうするか。

この問題の本質はお金です。「説明責任」という言葉でごまかされている気がしますね。問題の本質は明らかなのでどう責任を取らせるか。文部科学省の方針が気になるところです。

簡単に言うと営利目的で動いてはいけない団体であるため税金等を免除されている。それが儲けに走ったのだから過去にさかのぼって「営利」の部分に追徴含めて課税する。もしくはその部分をなにかの形で還元させるというのがわかりやすいでしょう。
posted by 鴉鷺和仁 at 05:50| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117433798

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。