2009年06月27日

違和感

本日付の赤旗新聞を手にしたとき強烈な違和感があった。

「特別インタビュー 憲法・戦争・平和」と題された、そのインタビューの対象はなんと本内閣官房長官・野中広務氏。
多少の編集はあるものの共産党賛辞に近い内容になっている。

要約すれば「いまの自民党は大政翼賛会になってしまった」ということか。

しんぶん赤旗の了解が得られれば全文を載せたいぐらい。
posted by 鴉鷺和仁 at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122330483

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。