2009年11月21日

膨れる予算の額について

仕分けのGXロケット廃止要求、IHIが反論
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20091121-OYT1T00033.htm
 IHIは20日、政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)が「事業仕分け」で、中型ロケット「GXロケット」開発計画の廃止を求めたことに対する反論文書を、政府に提出した。

 反論文書では、事業仕分けについて「当方が準備した情報が提供されておらず、議論に用いた資料に誤情報がある」と指摘。具体的には〈1〉ロケットの打ち上げ価格を試験段階の150億円を前提にしているが、実用化すれば80億円で米国の現状価格より安い〈2〉これまで投入された税金は700億円ではなく約300億円で約400億円は民間投資――などと主張している。

 GX計画の事業仕分けでは、財務省主計局が「米国、ロシアに比べ打ち上げ能力が低く、価格が高い」などと説明した。その後の議論では「ビジネスの見通しが立たない」「エンジンだけでは売り物にならない」などと、開発中止を求める意見が相次いだ。
仕分け作業を見ていて変だと思うところはけっこうある。これも実情は知っていたから税金投入が700億といったところで、疑問符をつけていた。
しかし、元もとの予算額が450億円なのにそれを大幅に超過してまだ完成のめどが立っていない。仕分け人はこの点をもっと重要視するべきだろう。いまは総額1500億といわれているが最終的に本当はいくらかかるのか? そして、すでに元予算を超えているわけだがこの責任は誰にあるのか。徹底的に追及するべきところだろう。

予算額が膨れ上がるのはなにもGXロケットに限ったことではない。というかむしろダム事業をはじめとする大型公共事業が当初予算内で収まったことがあるんだろうか? ゼネコンなどの受注者ははじめからその膨れ予算まで計算しているとしか思えないのです。
posted by 鴉鷺和仁 at 23:31| Comment(2) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文科省官僚が計画した事業や事業運営に関わるものは、全て廃止すべきです。
極めて不道徳で無責任な人たちであるからです。
文部科学省の仕事は、質の高い教育を提供し、子供達が良い社会生活を送れるようにすることです。ところが、官僚達は、デタラメ政策で子供達の人生を台無しにしました。
大学を天下り機関に変え、世界最低にまで堕落させたのも文科省官僚です。
不登校、退学者20万人、引きこもり、ニート60万人という現実こそ、文科省官僚の無能と腐敗を明らかにしています。文科省こそ、日本社会を衰弱させる癌です。「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)を読むと、すべてが分かります。
腐敗官僚の行う事業は、国民にとって危険です。文科省自体を事業仕分けして、廃止しましょう。

Posted by 大和 at 2009年11月22日 00:03
事業仕分けは必要であるが、その成果は仕分け人の能力に依存している。
次世代スーパーコンピューターやロケットなどの科学技術関連予算が事業仕分け(税金10億円投入)で見送られるようでは、民主党政権には夢も希望もない。
民主党の蓮舫や枝野のような科学技術に無知で、日本の将来に無関心な人物が仕分け人では、致し方ないこと。
毎年2.5兆円の税金を使う高速道路無料化は、無駄な予算であるから、事業仕分けによって廃止してもらいたい。
民主党には成長戦略が無く、成長のための投資と無駄を区別する能力も無いことが見えてきた。
蓮舫が世界一になる必要があるのかと言ったスーパーコンピューターの現在の性能順位は、1〜3位は米国、4位はドイツ、5位は中国、6〜10位は米国そして日本は30位以下。
民主党を衰退させなければ、日本が衰退することとなりそうだ。
Posted by 夢も希望も無い民主党 at 2009年11月22日 10:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/133551796

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。