2010年05月08日

「抑止力」という意味

(2010年5月8日19時35分 読売新聞
福島党首「海兵隊、日本の抑止力とは違う」
 社民党党首の福島消費者相は8日、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題に関し、「重要なのは時期ではなく、問題を解決することだ」と述べ、5月末決着にこだわるべきではないとの考えを改めて示した。都内で都内に語った。

 これに先立ち、TBSの番組では、「(在沖縄)海兵隊が抑止力や守備と関係があるのか。朝鮮有事の時の救援部隊で、米国人を救出するものだ。日本人の救出ではなく、日本の抑止力とは違う」と強調した。
社民党に限らず共産党も「普天間基地から海外に派兵している。沖縄の米軍基地はその足場でであって日本の抑止力ではない」などといっています。
はて、抑止力というのはそこに強大な力があるため実行を思いとどまらせるための軍で実働する必要はないんではなかったかな?

もし、米軍が本当にいらないというのなら主に対中国を中心とした日本の安全保障を考え直す必要があるでしょう。
posted by 鴉鷺和仁 at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/149258560

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。