2008年02月26日

飯島流引き角戦法



羽生善治推薦の言葉が奮っている。
曰く「25年後にはみんな角道を突かなくなってるかもしれません」
角筋を突かず引き角からリスク少なく左美濃に囲うという作戦です。

あらゆる戦法を指していると自負していましたがこの形は若干キワモノに分類していたので多くは指していませんでした。本書を読んで印象が変わったのは特に対ゴキゲン中飛車。
一見すると相性が悪いように見られますが実戦的にはもっとも使えるのではないかと感じています。
基本は相手が振り飛車党と分かっている場面で用いる作戦なのが若干-ポイントといえるでしょうか? アマチュアの一発トーナメントでは予め相手の棋風が分かっていることが少ないからです。
posted by 鴉鷺和仁 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 本・小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/87267179

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。