2008年03月14日

為替はどこまで行くのでしょう

★★ SEIKO激レア海外モデル! ★★
日本が世界に誇る時計ブランドSEIKO。ブランドテーマに革新と洗練を掲げるリーディン..

連日のドル100円割れ、政府・与党は静観しつつ対応に手詰まり感
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-30839220080314
「円高というと何か悪いことが起きるとの見方が出る。確かに、表面的には(輸出企業の)利益が減るということもあるが、長い目で見て悪いことではない」。自民党の与謝野馨・前官房長官は、ドル/円が12年4カ月ぶりに100円を割り込んだ13日夕、取材に対しこう述べた。その上で、日本経済は以前と異なり、円高によって悪い影響を受ける状態から脱却しつつあるとの認識を示した。

やっとこんな見解になってきましたが、景気悪くなってからこういうこと言い出してもどうなんでしょうか? 昨年円安が進んだときに「むしろ円安は歓迎すべきではない」とさっさと金融、金利で踏み込んだ政策を出していればこんなことにならなんだのだろうけれどね。
基本は強い円を期待なんですが、ドルが独歩安で円はその次ぐらいに弱そうなのが・・・・笑えない事実です。。。
posted by 鴉鷺和仁 at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 株・投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89599565

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。