2008年05月06日

人工頭脳対人間頭脳

その名も「激指」…将棋ソフト、人間に勝つ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000021-yom-soci
第18回コンピュータ将棋選手権で優勝・準優勝したソフトが人間代表のアマチュアトップに挑戦するという企画でアマチュアが揃って敗れるというハプニングがありました。
今までは序中盤で人間側がリードを広げ終盤で勝負にさせないという内容が多かったのですが、今回は課題の序中盤もクリアてきたというところでしょう。
しばらく前はプロが駒落ちで挑戦を受けていましたが最近はアマチュアと平手ですね。今回二人のアマチュアが敗れたということで次回はいよいよプロと平手って話になるんでしょうか?

なお将棋の内容については渡辺明竜王のブログ「コンピュータ将棋選手権の結果」に詳しく書かれていますので参考にしてください。
posted by 鴉鷺和仁 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95773674

この記事へのトラックバック

アマチュア強豪を連破、コンピューター将棋の激指・棚瀬将棋、歴史的快挙!
Excerpt:  ついに来る時が来たというのが将棋ファンの実感ではないでしょうか? 第18回世界
Weblog: Return to Forever
Tracked: 2008-05-06 22:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。