2008年05月21日

永世名人まであと一歩

<将棋>羽生が森内破り永世名人の資格に王手 名人戦第4局
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080521-00000104-mai-soci

途中は渡辺明竜王なども後手の森内名人が有望かという形勢でしたが、仕掛けが若干むり気味だったのかもしれません。

70手目の局面

森内名人に誤算があったと思われるのは70手目の局面。この4六歩で決まりという感じでしたが、あっさり同銀直が盲点だったのではないでしょうか。3八馬、2六飛と後手を引いて冴えないように見えますからね。でもここで後手に意外に手がなく2筋の攻めが間に合ってしまいました。
羽生二冠も「冴えない将棋」と言っていたようです。第3局は大逆転の将棋、名人戦というにはちょっと軽い内容という気がしてなりません。両対局者にはさらに一層のがんばりを期待する、って月並みなまとめです。
posted by 鴉鷺和仁 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97494513

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。