2009年01月01日

昨年のNo.1



昨年の洋楽seanは一般的には Cold Playの"Viva la Vida"がNo.1なんでしょうが、ああいった類のものは'80年代に聞き飽きた? というわけでいい曲だとは思うものの僕の魂にまでは届きませんでした。
とりあげたDuffyの"Mercy"のほかに気に入っていたのが、Colbie Caillat の"Bubbly"Leona Lewis の "Bleeding Love”Britney Spears "Womanizer"といったところ(お気に入り順)。
なんか女性ボーカルばっかりですが^^;

前半はコルビーキャレイがぶっちぎりでした。Mercyを聞いてもしばらくは揺らぎませんでしたが、YouTubeでPVみたらコロっとイカレてしまいました。
残念ながらPV動画ははblogに貼り付けられない仕様になっていますので代替動画です。興味のある方はYouTubeで"Mercy"を検索してみてください。



私が逝かれたDuffyのPV↓
http://jp.youtube.com/watch?v=KE2orthS3TQ
posted by 鴉鷺和仁 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

西の魔女が死んだ - 梨木 香歩


今年6月に映画化という煽り文句と素敵なタイトルに惹かれて買ってみました。対抗はライラの冒険。どっちも児童文学です。
タイトルからイメージされるようなファンタジックな内容はほとんどなくどちらかというと哲学的。きれいな展開に終始しすらすら読めてしまいました。小学校高学年から〜ってところでしょうか? 特に思春期の女の子、そして人生に迷いがある人に読んでほしい内容です。
読んでいたのが文庫版だったので小学四年の姪には「漢字が難しい」とそっぽ向かれてしまいましたが(^^;

映画化に際しては美しい自然の表現と心の内面をどう表現するかが楽しみです。 きどらず可愛らしい内容になること請け合いなので今から楽しみです。
posted by 鴉鷺和仁 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

YUI Laugh Away


以前mixiのほうで昨年の私的No.1曲としてYUIのCHE.R.RYを紹介したんですが一発屋に近い存在かなぁって思ってました。でも最近また彼女の曲を聴く機会が増えています。
彼女の名前を知らなくても曲なら聞いたことがあるって人は多いのではないでしょうか? 相変わらず「尾崎豊の再来」と称される意味が分かってないんですがヽ( ´ー`)ノ
最近よく聞くのが「Laugh away」↓


この人の曲は片端から削除されてますのでこの動画も長くは持たないかな?
商業的な意味でも完成度の高い曲だと思います。
まあ個人的には相変わらずCHE.R.RYのほうが上なんですけどね。
posted by 鴉鷺和仁 at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月06日

しおんの王




東海地区は4日深夜(5日早朝)が最終回でした。
サスペンスだけれども推理ものっていう感じではありませんでしたね。最終回までにほとんど犯人が確定しあとはその動機が焦点というところです。
この作品ではそのストーリーと登場人物の心理を将棋の局面で表現しようとしたところが目新しかった。将棋を知っている人には誇張と感じる局面と台詞も多いのですが、対象が将棋に詳しくない人ということなら納得できるところではないでしょうか。
かとりまさること林葉直子元女流名人原作だけあって対局中の心理描写は他では見られない秀逸なものです。対局の外、将棋会館の雰囲気などもよくできていて将棋界というものを外の世界に紹介するという意味でもよくできた作品です。まあ、名人がこの作品の通りだと困りますが^^;
posted by 鴉鷺和仁 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

Yael Naim - New Soul




最近頭の中をループしてる曲です。
初めて聞いたのは言わずと知れたMac bookのCM。
マックのCMはイメージ前面に出してくるのであんまり曲には神経がいってなかったのですが、ラジオで聞いてびっくり。スコっとはまってしまいました。
素人でもそれとわかるフランス語なまりとけだるさが最高です。

posted by 鴉鷺和仁 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

Il coccodrillo come fa


先日のSchnappiの動画からサーフしていたら、こんなのを見つけてしまいました。
ラテンのはじける音がたまりません♪

先のシュナッピーのラテン(スペイン語?)バージョンもありましたのでリンク張っておきます。
http://jp.youtube.com/watch?v=Y4h9opgvTtI
posted by 鴉鷺和仁 at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と私の10の約束


やっと見てきました。予定1週間遅れです。

脚本が練られていないのか、コツーンと思考が止まってしまう場面が一ヶ所。これが最後まで尾を引いてしまいました。私が何かを見逃しただけなのかもしれませんが。。。
あと、これは言わない方がいいだろ、みたいな台詞が数ヶ所。こういうのも脳みそが止まってしまう原因になります。あかりの最後の台詞「お母さん!」あたりがその例ですが、直前にそれを印象づけてあるのでそのままステンドグラスでも見上げればよかったのではないかと思いました。
よかったシーンは、ベタですがソックスが死ぬところ。
でも「これで終りじゃないんかい」って突っ込んでましたが(笑)

エンドロールに未使用カットを使うのは反則かも。
半数以上が席を立ってしまってました。
ブログに映画に関連する記事を投稿するとオリジナルグッズをプレゼント!詳しくはコチラ
ラベル:映画
posted by 鴉鷺和仁 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

いのちのいろえんぴつ


http://www.tv-asahi.co.jp/iroenpitsu/
昨夜見ました。どうしてもいたたまれなくなって最後まで見ませんでしたが^^;

元来不治の病系はすきじゃない。
little DJ 見るまではね。

仕方のないことかもしれないけれどストレートな感情表現が多すぎる気がしました。国分太一が藤本七海を見守る姿は私にはストーカーにさえ見えましたよ(失礼)。映画じゃないんだからと自分に言い聞かせてはいましたが、余りにもリアリティが感じられませんでした。
不治の病であることを感じつつ必死で生きようとする姿。それだけを描けば十分じゃなかったんでしょうかね?


続きを読む
posted by 鴉鷺和仁 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボクはシュナッピー



FMラジオをぼんやり聞いてると流れてきました。
ドイツの子供向け番組の歌らしいですけどね。しかもかなり低学年むけ。
いいですよね。
癒されます。


動画は何か中途半端なところで切れるのできちんと聞きたい方はこちら↓

http://www.universal-music.co.jp/schnappi/

・・・え、エンドレスだって? いいじゃないですか頭の中をシュナッピーにしちゃいましょう。
posted by 鴉鷺和仁 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

博士の愛した数式


ぼくの記憶は80分しかもたない
e^(πi)+1=0
衝撃的な出だしですがこぢんまりとした、かわいい感触の映画だと感じました。
数字に美しさを感じるのはNHKの地球ドラマチックで紹介されたブレインマンことダニエル・タメット氏を思い起こさせます。数式を青く染めてしまったけれどタメット氏はどう感じるんだろうか。。。
アスペっぽい私には見につまされる思いも起こさせてくれるこの映画ですが、テーマは見えないものを信じる心と言うところでしょうか。
ヒロインの深津絵里がかわいく芯が通った演技で好印象です。
博士の数字に対する表現が素人にもわかりやすく好きです。

フェルマーの公式を持ち出したのは0と−1の解を印象的に表現する意味だったのでしょうが、肝心のeの意味はもう少し説明してほしかったかな。あんまり説明調になってもイヤなんだけれど、これもずいぶん優しい定数なのだから。
posted by 鴉鷺和仁 at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。