2005年03月11日

swungairls DVD その2

いよいよレンタル開始されてしまいました。
見てない人は早速借りましょう?

んで、プレミアムを注文するように(まだ間に合うかな)

DVD発売は26日ですがそれまでに借りてしまいそうでこわいですね。
まあ、全レンタル中の刑にあうのもほぼ確実なのでなんとか発売日を
おとなしく待つことはできそうですが
posted by 鴉鷺和仁 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

スウィングガールズDVD その1

東宝のサイトにスウィングガールズDVDの情報がUPされました。

うふふふふふふふ

もう間もなくなんだ。
そう思うだけでなぜか嬉しくなって、ブログの記事にまでしてしまう鴉鷺でした。
posted by 鴉鷺和仁 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月13日

スウィングガールズ in 大阪

スウィングガールズ スタンダード・エディションうーん、行っちゃましたね。6回目。
淡路東宝2の感想などを。。。

思いっきりドルビーサラウンドってHPには書いてあるけど音はかなり貧弱で台詞が一部が聞き取りにくかったり、ムーンライトセレナーデのベースソロが音飛びしたりちょっとイマイチ。
シーンの始まりのところを微妙にカットしてあるのが残念。もっともこれは何度も観てるからわかることですね(^^;
1500円と入館料がリーズナブルなのでよしとしますかヽ( ´ー`)ノ

なにより、良かったのは初めて観た、やっちゃんが「良かったよ」って行ってくれたことですね♪続きを読む
posted by 鴉鷺和仁 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

電車の中心で哀を叫ぶ

電車男が映画化
されてしまうそうです。
そうとう痛い映画になりそうだと思いましたが
4月クランクイン6月公開

ってどんな映画だ?
すでにずいぶん一般化してしまった2ちゃんねるの世界ですが、この辺が最後の砦になるような気がしますね。

電車男はいまなにを思う?
posted by 鴉鷺和仁 at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

猟奇的な彼女


はじめて見た韓国映画です。
前半というか「延長戦」に入るまでなんだかな〜というのが素直な感想。ヒロイン、チョン・ジヒョンの性格がところどころ、女の子すぎるのが気になってました。
この辺まで尺が伸びすぎの印象。

終盤に入ってあらゆる伏線をまとめてたたき込むあたりにやられましたね。ハッピーエンドになるのもが意外だったのでインパクトが強かったです。
中盤で萎えるところがなければ、特Aをつけてもいい作品です。
続きを読む
posted by 鴉鷺和仁 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

邦画ばんざい?

一本100円のレンタル屋ではじめて借りてみた。

5本(1週間)をカウンターに差し出すと
「500円です」
(!o!)オオ! って当たり前なんやけど。。

借りたのは邦画4+韓画1。。
旧作が中心なのでここに載せるかは未定です
posted by 鴉鷺和仁 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月15日

ジョゼと虎と魚たち

ジョゼと虎と魚たち(通常版)ジョゼと虎と魚たち(通常版)
販売元 : Amazon.co.jp DVD
価格 :
[タイトル] ジョゼと虎と魚たち(通常版)
[出演]
[レーベル] アスミック
[監督] 犬童一心
[種類] DVD

■商品紹介■
大学生の..
>>Seesaa ショッピングで買う
ジョゼと虎と魚たち
冒頭、乳母車に乗った池脇千鶴が妻夫木聡に包丁で斬りつけるシーンが印象的だ。
物語は比較的淡々と進む、ちょっと物足りない感じ。原作を読んだ訳じゃないけれど、短編の原作(田辺聖子作)を生かそうとしすぎたのかもしれない。
映像的にはおもしろいところが多くそれなりに楽しめる作品です。
posted by 鴉鷺和仁 at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月13日

24-TWENTY FOUR- シーズン1

いまさらですがシーズン1です。

驚きの連続だった。
あとを引く各巻の終わり方も次の巻を借りるレンタル屋への足を速める。

緊張感が絶妙だ。いつ死んでもおかしくない、キムとテリー。一番信頼しているはずの……内通者。タイミングよく?足を引っ張る上司、ジョージ・メイスン。

いろんな伏線が最後は一本にまとまってくるストーリー展開にもしびれた。

第一巻に3話収録で、最終巻は1話+特典映像という構成もよかった。(DVDだけ?)
特典映像は収録秘話が聞けておもしろかった。あの脚本を1話ごと手渡される役者たちの緊張感がそのまま、ドラマの成功と言えるだろう。
posted by 鴉鷺和仁 at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

24-TWENTY FOUR- 総括(ネタバレ有り)

3連休を利用して24-TWENTY FOUR-3を見ました。なわけで24の総括。

とにかく人がよく死ぬドラマだった。

個人的に一番好きだったのが、シーズン1。勢いでシーズン2以降も見てしまったがシーズン1ほどの驚きはなかった。テロの規模が大きすぎる割にローカルで事件が解決してしまったためだろう。
シーズン2で大好きだったジョージ・メイスンが死んでしまったことが大きいのかもしれないが。。

シーズン3でニーナ・マイヤーズ、シェリー・パーマといった主要人物を殺してしまったこととデイビット・パーマーの大統領選辞退で同じ構成のシリーズは難しいと思われる。CTUニューヨーク支局とかで別シリーズの企画を期待している。

(追記)
シリーズを通じて思ったことは
アップル社のコンピュータがに出すぎている
ってことです(笑)
いくら貰ってんだか、ってスポンサーなのだろけどさ

これを書きたくて総括を作ったのだけど、投稿する段になってすっかり忘れてましたミ(o_ _)o
posted by 鴉鷺和仁 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

スウィングガールズな一年

年に一回劇場に行けばいいほうだったんだけれども、今年は9回も映画を見に行ってしまった。
というか同じ映画を2回見たことなんてなかったのに。。。

とりあえず失業したので何でもよかった。スウィングガールズを最初に見たのは、へえ、女子高生のジャズか。ってなぐらいで、外してもいいつもりで見に行った。

ストーリーとしては破綻してるしコメディとしても中途半端なところが多いし、まじめにけなしたらけなしどころ満載、、なはずだったんだけれども、見終わってエンディングのLOVEが流れ出すと「も、いっぺん見よ」とかつぶやいている自分がいた。

結局レイトショー中心で劇場で5回もみてしまった。最後はTHXで聞きたいからとわざわざ名古屋の映画館まで。。

 予約限定生産プレミアバージョンのDVDを速攻で予約するなど、失業した半年を楽しく有意義に過ごせたのもこの映画のおかげです。
posted by 鴉鷺和仁 at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。