2010年04月13日

与党民主党「解党が相当」=選管が決定

・・・なんてタイトルを見たときはビクっときたぜw

与党民主党「解党が相当」=選管が決定、最高検判断へ−タイ
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&rel=j7&k=2010041200849
 【バンコク時事】タイ選挙管理委員会は12日、アピシット首相が党首を務める最大与党民主党について、違法献金問題などを理由に「解党が相当」との結論を出した。最高検察庁が今後、憲法裁判所に訴訟を提起するか判断する。民主党が解党処分となれば、政権は一気に崩壊する。アピシット首相はさらに厳しい立場に立たされた。
 問題とされたのは、2005年の総選挙をめぐり、企業から2億5800万バーツ(約7億4200万円)の違法な献金を受けたとされる疑惑など。バンコクで反政府デモを続けるタクシン元首相派が5日、同問題に対する選管の調査が遅いと抗議し、建物内に乱入した。選管は今月20日までに結論を出すと約束していた。
 選管の決定を受け、タクシン派のデモ会場では、繁華街の交差点に設置されたステージに幹部が登壇。「民主党はその歴史に終止符を打つことになる」と演説し、「勝利宣言」をした。ただ、最終判断までには数カ月を要する可能性がある。(2010/04/12-23:21)
posted by 鴉鷺和仁 at 08:48| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

中国には行かないことです

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100410k0000m030077000c.html
「麻薬預かっただけ」で死刑 運び屋は日本の困窮者
 【北京・浦松丈二】中国遼寧省高級人民法院(高裁)は9日までに、麻薬密輸罪で死刑が確定した日本人4人全員の刑を執行した。中国各地の空港では、覚せい剤を日本に持ち出そうとした日本人が逮捕される事件が相次ぎ、裁判で「預かっただけ」と主張しても「密輸の行為犯」として死刑を含む重罪が言い渡されている。日本の困窮者を狙い撃ちして運び屋に仕立てる手口が横行。刑を執行された死刑囚には、予想外の重い刑に一時、自暴自棄になった人もいたという。

 刑が執行された森勝男元死刑囚(67)=福島県出身=は、03年7月に覚せい剤約1.25キロを隠し持って帰国しようとして空港で拘束され、04年2月の1審で刑事犯として日本人として初めて死刑を言い渡された。

 森元死刑囚は逮捕後、「定年退職して金に困っていた」と供述し、日本国内で密輸を持ちかけられ、報酬20万〜30万円で請け負ったことを認めた。裁判では、日本に逃亡した共犯者に「監視されていた」と主張した。

 森元死刑囚を知る関係者は「1審判決直後は(制度の違いなどから)『どうなってもいい』と自暴自棄だったが、その後、減刑嘆願を書くなど生きようとしていた」と様子を明かした。

 また、刑が執行された鵜飼博徳元死刑囚(48)=岐阜県=も「他人に頼まれた。中身を知らなかった」と主張した。しかし、両元死刑囚は麻薬密輸の「行為犯」と認定され、死刑が確定した。

 一方、両元死刑囚らに密輸を指示した覚せい剤密輸団のリーダーとみられる武田輝夫元死刑囚(67)=名古屋市=は裁判で「(共犯の)中国人から『もうけたい』ともちかけられた。死刑になっても構わない」と認めた。

 北京の日本大使館によると、中国では麻薬関連犯罪で少なくとも30人が逮捕、起訴され、うち20人(元死刑囚4人を含む)の判決が確定、10人は未確定で未決拘置中。同大使館は法律の知識がある中国人スタッフ1人を近く増員し、すべての裁判を傍聴していく方針だ。

「中身を知らず持ち込んだ」場合でも死刑。
途中で荷物をすり替えられた場合、荷物にモノを紛れ込まされた場合。どうなるか考えただけでも恐ろしい。日本政府も実情を知っていながら「遺憾の意」程度の腰砕け。首謀者は闇の中。
誰も守ってはくれません。
posted by 鴉鷺和仁 at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

誰が何を選んだか

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100408-OYT1T01180.htm
「与謝野氏、比例復活なのに離党」谷垣氏が批判
参院選
 自民党に離党届を提出した与謝野馨・元財務相らによる新党「たちあがれ日本」に対し、自民党内から8日、批判や激励の声が相次いだ。


 谷垣総裁は記者会見で、「(党内で)『(与謝野氏が)比例復活で当選していながら離党するのはいかがなものか』との意見があったのも事実だ」と述べ、与謝野氏の行動を批判した。そのうえで離党届の取り扱いについて、「党紀委員会で厳正に対処する」と強調した。山本有二・元金融相も政策勉強会「のぞみ」の会合で、「バッジを外して新党結成に当たることが、与謝野氏の選択すべき正しい道ではなかったか」と述べた。

 一方、古賀派の古賀誠・元幹事長は派閥総会で、同派に所属していた園田博之・元官房副長官の新党参加について、「園田先生たちにも頑張っていただき、政権を何とかして早く国と国民の手に返していかないといけない」と述べ、“エール”を送った。

 高村派の高村正彦・元外相も同派の会合で、「(民主党政権を倒す)目的が同じだから、『われても末に逢わんとぞ思う』ということで、やる以外にないのかなと思う」と語った。

こういうことがあるから比例代表と小選挙区の並立型選挙って言うのは意味不明なんだよね。比例代表というのは政党を選ぶもの、小選挙区は2大政党制が根付いてしまうとやはり政党を選ぶもののように思われるかもしれないが、これは個人を選ぶ方式。
与謝野氏は比例代表での当選だから新党を結成するとすれば当然議員辞職をして望むべきでしょう。

また記事内に「民主党を倒す」のが新党の目的のように書いてあるのも情けない話です。
posted by 鴉鷺和仁 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

理念なき政治の果てに

邦夫氏反省「龍馬をやりたい、言いすぎだった」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100408-OYT1T01038.htm
 無所属の鳩山邦夫・元総務相は8日、新党「たちあがれ日本」への参加を断念した経緯に関し、記者団に「『舛添要一・前厚生労働相、与謝野馨・元財務相をくっつけるぞ』と言いすぎた。坂本龍馬発言で反発が出た」と反省の弁を語った。


 鳩山氏は、新党参加者と打ち合わせを続けていたとしたうえで、「メンバーとだんだんずれ、私は一緒に『たちあがる日本』ではなかった」と述べた。今後については「(新党参加も)十二分にありうるし、選択肢を幅広く持って、お国に役に立つ道を模索する」と語った。

 鳩山氏は先月の自民党離党届提出前後に、「(舛添氏ら)みなが一緒にやれるよう、私は坂本龍馬をやりたい」などと語っていた。
いまの新党の流れを作ったのがこの人だったのかもしれない。ただ、この人から「どんな日本を作りたい」のか「どんな未来を約束する」のか聴いた記憶がない。あるいは報道のあり方の問題かもしれないのだけれど、理念の前に政界再編がきてもそれは政治じゃない。数の暴力以前の問題だ。
新党結成の旗振りとなった与謝野氏からもどんな理念を持って新党を立ち上げたいのか、そういったものが聞こえてこない。

一体日本の「政治」はどこにいってしまったのだろう。
posted by 鴉鷺和仁 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

そう言ってばら撒きに走る

http://mainichi.jp/select/today/news/20100327k0000m010076000c.html
内閣支持率の下落傾向に強い危機感
 鳩山由紀夫首相は26日、10年度予算成立を受けた記者会見に臨み、内閣支持率の下落傾向について「深刻に受け止めるべきだと理解している」と強い危機感を示した。ただ、鳩山政権が抱える郵政改革案や「政治とカネ」の問題を巡る発言は揺れ動き、今夏の参院選を控え、首相の焦りばかりが空回りしている印象は否めなかった。(以下略)
結局この人は国民が政治に何を求めているかわからないんだろうな。「政治と金」の問題はいまに始まったことではないのだが、国民が不支持を表明しているのは実はそんなところではない。
それが支持率とリンクしているかのように見えるのはマスコミの情報操作といえるかもしれない。支持率が下がればばら撒きに走ってくれると思っているんでしょうからね。

有権者が望んでいるのは野党時代に果敢に提出していた理想論てきな法案。これらをなぜ与党になったら出せないのか?
日本の政治が病んでいる根源はそこにあるのだろうと思います。
posted by 鴉鷺和仁 at 05:56| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

当然誰もが思うことだけど

なんでこの人は民主党にいるんだろう?
あるいは国会で反対票を投じないんだろう?

党の運営に問題があると声を上げることは簡単なことだけど政策的になにが不満なのかが聞こえてこない。こういう声明の出し方はマッチポンプ呼ばわりされるだけのような気がする。
posted by 鴉鷺和仁 at 03:14| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

マスコミのあおり

自民党:与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及
http://mainichi.jp/select/today/news/20100308k0000m010027000c.html

 自民党の与謝野馨元財務相は7日、NHKの各党討論番組で新党結成の可能性を問われ、「そこまで話はいっていないが、民主党に代わる選択肢が本当にあるのか、みんなで考えないといけない」と、改めて意欲を示した。「民主党は政権担当能力がないとみんな思っている。そのために、ここにいる政党がどう行動するかが、これからの政治家の大事な課題だ」とも語った。【田所柳子】


この程度の記事に新党結成云々の文言が要るんでしょうか?
posted by 鴉鷺和仁 at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

政治家のあり方

引用記事の中でエバン・バイ上院議員はこう述べている「国民に奉仕する情熱は衰えていない」。日本の政治屋さんたちに聞かせてやりたい言葉ですね。
posted by 鴉鷺和仁 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

法律の意味

民主主義発祥のヨーロッパでは「法は人のためにある」といいます。
日本では「法を守るために人がいる」ようですね。

http://mainichi.jp/life/today/news/20100216k0000m040054000c.html
性別変更夫婦:兵庫の男性「嫡出子認めて」法相に訴え
 性同一性障害のため戸籍を性別変更した夫婦が人工授精でもうけた子が非嫡出子と判断されている問題で、戸籍変更した兵庫県宍粟市の自営業の男性(27)が15日、千葉景子法相に面会し、生まれた子を嫡出子として認めるよう求めた。

 男性は面会後に会見し、「国から男として認められ、妻が頑張って息子を産んでくれたのに、なぜ父親になれないのか」と訴えた。男性の弁護士は「非配偶者間人工授精による出産は、夫と子の血縁関係がなくても妻の子は夫の嫡出子になるとの学説が多い。性別変更したことは、嫡出子と認めない理由にならない」と話した。

 男性は実弟から精子の提供を受け、妻が昨年11月に男児を出産したが、市から非嫡出子として届け出るよう指示された。法務省は「生物学的に出産は不可能」と判断するが、千葉法相は問題発覚後、「早急に改善に取り組みたい」と述べ、家族の救済を検討する方針を明らかにしている。【石川淳一】

posted by 鴉鷺和仁 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。